採用情報

共に働くスタッフを募集します。

photo:TOKONAME

TOKONAME STOREのホームページをご覧くださりありがとうございます。当事業を運営しております、有限会社山源陶苑の代表取締役の鯉江優次と申します。常滑焼の窯元として創業より50年が経ち、今年の2月に父親の鯉江康司から代表取締役のバトンを受けました。これから先100年企業を目指し、より深く地域に根ざし、広く社会に必要とされるやきものを創造する「つくりて」になるべく、弊社スタッフ一同日々精進しております。そしてこの度、共に働いてくださるスタッフを募集いたします。今回は、上の写真のTOKONAMEブランドの商品の生産が主な仕事となります。

山源陶苑のあゆみ

photo:甕

山源陶苑は1967年に祖父の鯉江昭三が創業しました。愛知県瀬戸市の問屋の下請けから始まり、現在まで業務用の甕(かめ)を作り続けてきました。私が常滑に帰ってきたのは13年前。東京の陶磁器製品を主に扱う商社に8年勤めたため、やきものの流通や産地の構造について俯瞰することができました。高度経済成長を終え、以前のように作れば売れる状態ではなくなり、実家である山源陶苑の経営も悪化しており、もはや常滑の問屋にだけ商品を納める下請け工場としての存続は難しい事は分かっていました。私が生まれ育った常滑で、地域の風土や先人たちが育んできたやきもの産業に従事し継承していく事に何よりもの生きがいを感じ、幾多の困難を乗り越えてきました。そして、いずれは常滑を世界に発信する独自のやきものを作りたいと考えてきました。産地問屋への依存体質を改善し、売り手や使い手に直接商品を届ける機会も増えていき経営状況も徐々に復調してきました。

photo:制作風景

ついに3年前、じっくりと関係を築いてきたデザイナーらと、念願の自社ブランドTOKONAMEを立ち上げました。TOKONAMEは「伝統を更新する」をコンセプトに、産地や弊社が長年培ってきた技術や素材を編み直し現代の常滑焼を表現したブランドです。商品はもちろんのこと、映像や写真、カタログの細部にまでコンセプトを染み渡らせました。発表直後に、東京をはじめとした各地で展開した展示販売会では、「常滑」を知らずに「TOKONAME」を知ったというお客様が多く、これまでの産地のやり方を反省するとと共に、今後に大きな可能性を感じました。そして、地元常滑の方々にもTOKONAMEを使って欲しい、弊社を知って欲しいと思い、直営店となる「TOKONAME STORE」を開店しました。

photo:TOKONAME STORE内観

TOKONAME STORE は赤い屋根の大きな倉庫の中に 3 つの白い小屋が建っています。
TOKONAME をはじめとした自社商品の販売をする小屋、やきものを作る体験のできる小屋、TOKONAME でコーヒー やお茶を提供する小屋です。体験では「たたらづくり」と呼ばれる比較的簡単な技法で器をかたちづくる事ができるため、 お子様や手先が特に器用でない方にも向いており、家族で気軽に楽しく作れると大変好評です。

これからの課題

photo:制作風景

ブランドの立ち上げから3年たち、認知度も高まり予想を超える反響が続いておりありがたい反面、現状の体制ですと生産数が間に合わなくなってしまいました。TOKONAMEは、釉薬をかけずに焼くいわばすっぴんの肌の器です。そのためより繊細に仕上げなくてはなりません。納得のいくクオリティを安定的に生むには職人の手わざが必要になります。職人でなくとも、根気良く高い集中力を持ってすれば生産を担うことができると考えています。自社商品以外に、企業からの製造委託品が多くそちらに従事するスタッフを雇用していますが、今回募集するスタッフはTOKONAMEの器の製造を専門に担っていただきたいと考えています。お客様にお待ちいただいている状況を一刻も早く改善し、新たなTOKONAMEシリーズを共に開発し生産していく、弊社にとって大切な役割となります。

スタッフ紹介

photo:スタッフ一同

弊社のスタッフを紹介いたします。現在、スタッフは19名。社外スタッフとして3名の計22名です。職人、パートさん、陶芸研究所の学生や家族で支え合いながら生産をしています。

photo:工場長 鯉江鷹臣

私の弟で工場長の鯉江應臣を中心に、スタッフが一丸となりやきものを作っています。使って喜んでいただける器づくりを、日々心がけています。

photo:TOKONAME STORE店長 加藤明夏

TOKONA ME STOREの店長、加藤明夏です。一昨年、常滑にある陶芸研究所を卒業しました。研究所で学んだ知識や技術を生かし、店舗では、主に陶芸体験と自社ブランドの販売を行っています。作る楽しみや、使う楽しみを分かち合いたいという思いでお店作りに取り組んでいます。

photo:デザイナー 高橋孝治

TOKONAMEの製品デザインやブランディングを担っているデザイナーの高橋孝治です。弊社の取引先でもある東京の企業で長年社内デザイナーとして勤務し、8年ほど前に常滑焼の商品を一緒に開発したことがきっかけで知り合いました。一昨年、東京から常滑に家族で引っ越してきました。

最後に

photo:xxx

最後までご覧いただきありがとうございます。下記の内容をご確認いただき、私たちと一緒に働いてみたいとお考えの方は、info@tokonamestore.comまで、ご連絡いただければ幸いです。皆様のご応募をお待ちしております。

有限会社 山源陶苑 代表取締役 鯉江優次

雇用形態:正社員・契約社員・アルバイト
給与:当社規定による
福利厚生:社会保険/厚生年金/労働保険/雇用保険
仕事内容:自社ブランドTOKONAME製品の生産・管理(企画・直営店の運営など)
勤務地:愛知県常滑市
休日/休暇:シフト制(雇用形態による)
応募資格:要運転免許
求める人について:ものづくりが好きな人/伝統産業に興味がある人
採用予定人数:1~2名
選考過程:書類選考の後、面接(弊社にて)